【多頭飼い】老犬と成犬の暮らし方

健康・医療

犬を飼い始めた人は、「もう1匹ほしい」と思う人が多いみたいですね。私の場合も、先に迎えた愛犬が寂しくならないように。というのが理由でしたが、私自身が喜びも楽しみも癒やしも2倍にはなりました。しかし月日が経つにつれて考えておきたいことは、多頭飼いの高齢犬介護です。今回はそんな多頭飼いの飼い主さんにも高齢犬と暮らすワンちゃんとの接し方を話したいと思います。

高齢犬と成犬の体力面

老犬と成犬とでは暮らし方を変える事も必要になってきます。老犬に対して接する時は、人の高齢者と同じようなイメージをもって接するという事を考えると良いかもしれません。基本的には疲労が早くなり、無理が出来なくなるという事があると同時に、暑さや寒さには弱い状態だと認識をする必要があります。ですから、真夏に散歩というような事は老犬の場合は日中はまず避けなければならない。という事は重要です。犬は体に集まった熱を、伝導・対流・放射・気化の4つの方法で逃すことが出来ます。成犬の場合は、調節無理はききますから特に気にしなくても良く、最低限のケアだけでも良いでしょう。重要なのは、体温が41℃を超えてしまうと、どんなワンちゃんでも熱中症を引き起こします。そのことは念頭におく事が必要です。特に暑さには弱くなっているので、散歩をするような時には老犬の場合は日中は避けて朝や夕方ということにするのが良いかもしれません。長い距離を歩くというのもあまり良くは無くなりますから、遠出はしないという事を考えた方が良いかもしれません。かといって、散歩をしないというのもすぐに筋肉の弱体化につながりますから適度な散歩はすべきということになります。若い時とは違って全ての反応がゆっくりで遅くなっていくということがありますが、これは普通の事なので、特に気にする事はありません。ワンちゃんのペースで散歩してあげると良いでしょう。

犬も弱みを見せたくない

犬はなかなか自分が弱っているという所は人には見せないという事も理解をしておく必要もあります。弱い所を見せるという事は、それだけで野生の動物であれば死に直結するような事でもありますから、そう簡単に弱っているという事を見せる事はないわけです。人が認識できるレベルという事になれば、それはかなり状態が良くないときという事は考えておかなければなりません。これは高齢になった時でも同様です。症状がかなり進行して悪くなって初めて人が気付くというぐらいの感じですから、まずは意識して見てあげるようにするという事も必要だといえます。若い時は特にそれほどケアが必要にならない事もありますが、高齢になれば様々な病気にもかかりやすいという事にもなるという事です。 特に暑さには弱くなっているので、散歩をするような時には老犬の場合は日中は避けて朝や夕方ということにするのが良いかもしれません。長い距離を歩くというのもあまり良くは無くなりますから、遠出はしないという事を考えた方が良いかもしれません。かといって、散歩をしないというのもすぐに筋肉の弱体化につながりますから適度な散歩はすべきということになります。若い時とは違って全ての反応がゆっくりで遅くなっていくということがありますが、これは普通の事なので、特に気にする事はありません。ワンちゃんのペースで散歩してあげると良いでしょう。

このように、いままでの目線と少し変えて、ワンちゃんの習性を考えながら、成犬との距離も少しとることで高齢になったワンちゃんのストレスも軽減されアンチエイジングにつながるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。