高齢犬のすごしやすい環境づくり

健康・医療

今、愛犬と暮らすなかではワンちゃんの暮らしやすいようにするためにリフォームをされるご家庭が増えているようです。実際に愛犬家住宅コーディネーターという資格をもつ工務店も増えつつあるようです。人と同じくワンちゃんも高齢になるにつれ、今まで普通に過ごせていた環境が、住みにくいものになり辛くなったりします。今回はそんな環境作りに焦点を当てていきます。

高齢犬が快適に安全に暮らしていくため環境作りのポイント

温度や湿度管理

まず第一に重要なポイントとして室温についてです。風通しがよく直射日光のあたらない場所にケージを設置することはもちろんですが、高齢犬の場合には体温調節も難しくなっています。そのため夏はクールマットを上手に利用したり、冬の寒い時期には毛布やクッションなどを適宜使用するようにしましょう。次に安全対策についても重要です。高齢犬が行動する部分の床にはカーペットを敷いたり、階段に上ったり下りたりしないようにその手前に侵入防止のゲートを設置する、段差には大きな負担がかかるのでステップやスロープを付けるなどの配慮が重要です。

家具の配置

また目や鼻がきかなくなると、様々な場所に頭をぶつけたりする可能性もあります。そのためぶつかりそうな角にはタオルやクッションなどをつけて、ぶつかってもけがをしないような対策が必要です。このような工夫を行うことで室内の危険度はかなり軽減されるでしょう。またキッチンには刃物や洗剤などの危険なものがたくさんあります。同じように浴室にはシャンプーやせっけんなどの、犬にとっては害になるものがあります。台所や浴室などにも入れないようにゲージをつけておけばより安心です。

安心するスペース作り

そして年をとると精神面で不安なことが多くなってくるため、リビングで過ごすことも多くなります。しかし来客の際や温度調整がうまくできない、精神的に落ち着かないなど犬も自分だけの空間を必要とすることがあります。このような時に備えて、居心地の良い専用のスペースを作ってあげると良いでしょう。特にリビングとうまく行き来できる場所にスペースを作ることで、寂しさを感じることなくリラックスして過ごすことができるでしょう。これらのポイントを押さえたうえで、高齢犬と家族の生活スタイルに合う環境を作れば、人間も犬も快適に生活することができます。実際に模様替えをする場合には、いきなり全てを替えてしまうと高齢犬も不安になります。少しずつ替えて慣らしていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。