犬のご飯の量について

健康・医療

お盆が過ぎると涼しくなる。といいますが、まだ暑い日が続きますね、我々人間も食欲が無くなったりします。ワンちゃんも食欲がなくなるのでは?「うちの子あんまり食べないわ」「どんだけ食べたら大丈夫なのかしら」「たくさん与えすぎなのかも」などご心配されている飼い主さんもいてると思います。よく愛犬にフードを与える時に、フードの袋に書いてある大雑把な小型か中型か大型などのサイズの目安でかなりテキトーに与えている話を聞きますが、一日に必要なベストの食事量の計算方法があります。ワンちゃんによって散歩好きで飼い主も散歩をよくする場合など、カロリー消費が変わったり、種類によっても多少の誤差はありますが、今回はワンちゃんの食事についてお話します。

一日に必要な食事量計算とカロリー計算

食事量

愛犬の一日に必要な食事量その体重を40で割った重さで、例えば分かりやすく10キロならば、250グラムの餌が適量です。5キロの小型犬で150gと言われています。

カロリー

一日に必要なカロリー数も、散歩などの運動をしている個体と室内で飼っていてほとんど散歩させない個体で差はありますが、大体体重1キログラムに対して、50キロカロリーから150キロカロリーを必要としてます。
例えば体重10キロ程度の中型犬の場合は、500キロカロリーから1500キロカロリーが必要とされてます。

手作りご飯とドッグフード

昔はドッグフードではなく、人の残りをアレンジするご飯を与えていた事がもありますが、最近ではいろんな研究の結果により、ワンちゃんはもともと米や穀物や芋などの炭水化物を消化する酵素が存在しないので、消化されて栄養にならずに排泄されるから好ましくないということもわかっています。それらを考えてワンちゃんの必要な栄養素がバランスよく配合されたドッグフードもたくさんあります。またそれらを与えることで、ワンちゃんの平均寿命も変わってきてるので、良質のドッグフードは健康で長生きさせる秘訣とも言われています。あまりお水を頻繁に飲まないワンちゃんもいたりで、ドッグフードだけでは水分不足になるので、水分を含む手作りご飯と併用にするのも良いと言われています。

年齢による食事内容

1日に必要な食事量やカロリーの目安を上げましたが、食事を与える回数も年齢別で変わってきます。生まれてから1年までの幼い段階では、1度に大量の食事を与えても消化できずに食べきる事が困難です。生まれて半年ぐらいまでは、1日に食べる分量を3回から4回に分けて与えて、半年から1年までは2回から3回に分けて与えた方が望ましいです。成犬期に達したら消化器官も発達しているので、1日分の食事をいっぺんに与えても食べきれるようにはなります。
だけど食べられるというだけあって、栄養素の吸収を完全にできないので、一日の食事は朝夕の2回に分けて与える事が望ましいです。老犬になった場合は消化機能が逆に衰え始めるので、成犬期と同じように1日2回だと内臓疾患を起こす原因になるので、1日4回に小分けにした方が安全です。

我が家の弟ワンコは、食いしん坊でお兄ちゃんワンコの残したご飯まで狙っています。小さいときは、ご飯の量がすくないのかな?と心配していましたが、ちゃんと量を守っています。それでも痩せてることもなく体格が良くて元気に過ごしています。今ではおやつも楽しみにしているので、ご飯の量も調整しながらおやつの時間もつくっています。ワンちゃんの体質や、生活環境でも変わってくると思いますが、食べ過ぎによる病気もたくさんあります。食事は飼い主さんがしっかり管理してあげてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。