ワンちゃんの食べれる野菜

健康・医療

人と一緒に生活をする犬でも、食生活や食べても良い物は飼い主と違います。基本的には、ドッグフードが安全で栄養面も優れますが、時々野菜をあげたくなることもあるでしょう。そこでワンちゃんと一緒に食べれる野菜のお話をしていきます。

ワンちゃんと野菜について

ほんらいワンちゃんは生食できない野菜が多く、闇雲に与えるとお腹を壊してしまう恐れがあります。しかし、加熱を行えば食べられる物が少なくないですから、何を与えて良いか分かると犬の食生活が変わります。

加熱を要する野菜


ピーマン・・・ビタミンCやビタミンP、カロテンやテルペンなど多くの栄養素が含まれているがアルカロイド類が含まれているので、関節疾患を悪化させるケースがあるので、あくまでも少量に留めるのが無難です。
ビタミンCはレモンの2倍も含まれており脂肪の代謝を促し、肥満防止の効果もありアンチエイジングやストレス対策に効果的
ビタミンPは、毛細血管を強くする働き。抗酸化作用に優れた効果を発揮します。
カロテンはビタミンAに変換され、免疫力アップ。テルペンはリラックス効果や血圧を下げる効果があるり、ストレス軽減につながります。
ブロッコリーは、ピーマンと同じくビタミンcが豊富んです。その他の栄養素としてビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸が豊富に含まれていますし、ビタミンA、ビタミンB1・B2、ナイアシンなども含まれています。そのほか、ミネラル、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれます。しかし部位によって繊維質が多めですから、細かく刻むなどの工夫が必要となります。枝豆も食べられなくはありませんが、生だと消化が難しく、人と同じく加熱してからの方が食べやすくて体に優しいです。

加熱しなくても食べれる野菜


人だとスティック状にして生で食べる人参は、犬にそのまま与えても大丈夫です。ただし、お腹を緩めてしまう恐れがあるので、食べやすいように加熱してから、量に気を付けて食べさせることが大切です。大根やズッキーニにキャベツといった、生でも食べられる健康的な野菜は沢山あるので、栄養補給にはこれらが最適です。ナスやアスパラガスは毒性こそありますが、この二つは加熱を行い少量であれば、犬でも食べることができます。それでも、リスクを生じることには変わりがないので、年齢や健康状態と相談しながら決めるのが良いでしょう。入手性に優れていたり、人と身近にあるお馴染みのレタスは、ビタミンや繊維質を除けばほぼ水分なので安全です。生でも全く問題がありませんから、水分補給時のおやつとして役立ちます。パセリも同様に犬との相性が良い野菜で、見た目の小ささに反して栄養価が高めです。加熱や生食も問題ありませんが、与え過ぎは犬に良くないので、食事に添える形で与えるのが理想的です。

食べてはいけない野菜

ニラや長ネギ、玉ねぎなどは加熱しても犬にとって毒ですから、絶対にあげてはいけない野菜の代表格です。ニラには硫化アリル、ネギ、玉葱にはアリルプロピルジスルファイドと、ワンちゃんの赤血球内にあるヘモグロビンを破壊してしまいます。この成分は過熱しても、動物に対する毒性は消えません。しかも野菜の成分はスープや汁にエキスとなって流出します。ニラそのものが入っていなくても、鍋に入れた残りのつゆなどもワンちゃんにあげては危険です。風味づけに細かく刻んであるものにも、要注意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。