愛犬とアンチエイジング

健康・医療

ペットとして飼われている動物も種類はいろいろあり、今では一戸建ての家だけではなくマンションでさえ、飼育が許可されているところでは飼われているのです。昔はおもに、一戸建てなどでしか飼育することができなくて、欲しくても飼えない事情で諦めていた人たちは大勢いたのでした。現在は飼うことが可能になっている場所が多く、そのために住むところを変更する方々さえいるのです。

ペットのいる生活

確かにペットは、人間にとって癒しを与える存在であり、日常の生活のなかでいろいろな表情をしながらうったえてくるしぐさは可愛いものです。それが頭の良い犬であれば、ちょっとした芸から面白いことまでやってのけることも珍しくなく、それがさらにいとおしくなるのです。

ペットがいるからアンチエイジング

若いうちからのペット飼育もあるのですが、たとえば中高年の人にとっての飼育も、今では特別な意味合いがあるようです。アンチエイジングということばを、聞いたことがある方々も多いものですが、何もその対象が特定の化粧品や美容液、あるいは健康食品だけではないのです。生きた動物によることが多く、おもにペットとして飼われていたようなワンちゃんが、高齢者に寄りそうだけで認知症が和らいだり、また生きる励みになっている場合もあります。肉体としての身体のアンチエイジングだけではなく、とくに精神的な意味合いがつよいのです。癒された人間の気持ちが若返ることで、精神的にもまた身体にも、良い影響を与えているのがワンちゃんというわけなのです。

迎え入れる前に

よく訓練されたワンちゃんほど役に立つことは多いものであり、人間にとっても、また社会的にも役立っていることが実証されています。癒しの場合はとくべつ訓練したワンちゃんでなくても、普通に人に飼われていることが重要であります。ワンちゃん自体が人間から愛されていると、ワンちゃんも相手を警戒することなく、接することで癒しにつながります。ペットの役わりは、ただ単に可愛いだけの存在ではなく、言葉にもならないほどの魅力があり、生きる力をくれる存在です。そんな存在だからこそ、思いつきで迎え入れるのではなく、ワンちゃんの習性をしっかり学び、生涯一緒に暮らすという気持ちが必要です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。