愛犬がおう吐する原因

健康・医療

愛犬と暮らす方なら、一度は経験しているワンちゃんのおう吐です。とても苦しそうに吐くので飼い主さんも慌ててしまうのではないでしょうか?少しの変化も見逃さないでいるのは大変です。しかしいつもと違う!と気付くのはやっぱり飼い主さんしかいません。そこで、ワンちゃんのおう吐について、獣医さんへ受診するタイミングの参考になるようおう吐についてのお話を致します。

おう吐の原因


多くの愛犬家の方がご存知の通り、彼らは人と比べるとかなりの頻度でおう吐する生き物として知られています。彼らは食べられるときに食べておこうとする本能を持っているので、満腹でも好きなものをお腹いっぱい詰め込んでしまいます。そのため食べ過ぎて消化不良を起こした場合、吐いてしまえないと逆に胃が持たれて苦しんでしまいます。また水の飲み過ぎや空腹時、とにかくありとあらゆる些細なことが原因となって吐くのが犬という動物なのです。

おう吐の対処法


ところで犬が食べたものや泡のような胃液などを吐くと、飼い主は驚いてすぐ掛かりつけの獣医師のところへ行ったほうが良いのではないかと悩むこともあるのではないでしょうか。そこで普段から愛犬の世話を一番している方が、観察眼を働かせて慎重に彼らの様子を見ることが大切になるのです。たとえばおう吐した後にすぐに元気になって、あたりを走り回ったり遊んだりしていればそれほど深刻になることはありません。またおう吐したのが食事の後だったりしたら、半日くらいは食べ物を与えずに調子を見ていておう吐を繰り返さないようであれば問題はありません。

おう吐の種類による見分け方


また早朝など食事の前に黄色い液や白い泡状のものを吐いた場合には空腹が原因であることが多く、逆流性胃炎が疑われますので空腹の時間を短くするために寝る前に柔らかいものを少し与えるなどの工夫が必要になります。

これまでに記載したようなおう吐で普段以上に繰り返したり、吐いた後にスッキリした様子がなく具合が悪そうだったら即刻獣医師の診察を受けるほうが良いでしょう。飼い主が目を離した好きにおう吐の原因となるようなものを口にしていたり、さまざまな病気が隠れていておう吐に繋がっているとも考えられるからです。ではその原因となるものも含め、獣医師に診断してもらわないといけない病気によるおう吐もご紹介します。

病気によるおう吐

 

●中毒症状・・・

家の外では,除草剤や殺虫剤を使用した場合、近所でそれらの薬剤を使用した場合、愛犬を屋外に出すと中毒を起こす可能性があります。また、アセビ(ツツジ科)の木を愛犬が口にしてしまうと中毒を起こします。アメリカなどでは、自動車のラジエーターの冷却液を犬が飲んでしまって中毒を起こしたという例もあります。この成分はエチレングリコールというもので、ワンちゃんが好きな甘い味がするので飲んでしまったようです。
家のなかでも、洗剤、石鹸、消毒剤、タバコ、観葉植物のキョウチクトウ、ポインセチアなどに注意してください。また、人間の薬や動物用の薬の過剰摂取の場合も中毒を起こす原因となります。

●ウイルス性腸炎・・・

パルボウイルス性腸炎、コロナウィルス性腸炎(感染した他のイヌの便や嘔吐物などを口にすることで感染)。ウイルスの付着した人間の手や食器を介しても広がります。ワンちゃんのストレスによる免疫力の低下があると、通常は無症状の成犬でも症状を示すことがあります。具体的にはドッグショーへの参加、新しい犬と先住犬とのいがみ合い、密集飼育(ホーディング)、不衛生な飼育環境などです。

●細菌性腸炎・・・

サルモネラ菌、クロストリジウム菌、カンピロバクター菌、スピロヘータ、大腸菌、プロテウス菌、緑濃菌。この中でも犬が細菌性腸炎を引き起こすことで有名な、サルモネラ菌、カンピロバクター菌。

●寄生虫症・・・

主に便と一緒に排泄された虫卵が、犬の口から体内に入ることで感染。ワンちゃんの小腸に寄生する回虫(かいちゅう)や鉤虫(こうちゅう)のように、母犬の胎盤を介して子犬に感染することもあります。
犬の腸内寄生虫は、大量にすみついている場合や、子犬や抵抗力の弱い犬の場合はさまざまな症状が現れることがありますが、寄生している数が少なく健康であれば、あまり症状が現れないこともあります。

●炎症性腸疾患・・・

原因は不明とされていますが、免疫学的反応が関与していると考えられています。また、その背景には腸内細菌や過剰な食物抗原への免疫反応、腸管免疫調節の異常や腸のバリア機能の低下などが関与しているといわれています。

●肝疾患・・・

犬の肝臓病のの原因はさまざまで、原因を特定することは難しいと言われています。細菌やウイルスなどの感染、薬物や毒物、腫瘍や外傷など他の病気の影響などの他に、太りすぎ等により肝臓に脂肪がついていてりが問題でも考えられます。遺伝性によるもので、体の中に銅が異常の犬種で、ベトリントンテリア、ウェストハイランド・ホワイト・テリア、スカイ・テリアなどにもみられる病気なども原因になると言われています。

●膵炎・・・

主な原因は高脂肪な食事だと言われています。高脂肪な食事を食べ続け、肥満になり、膵炎になるケースが多いようです。

また、抗がん剤、農薬、臭化カリウムなどの薬剤、脂質代謝異常、糖尿病、甲状腺機能低下症、副腎機能亢進症などの内臓疾患、あとは避妊去勢手術も原因の一つと考えられているようです。

●腹膜炎・・・

腹腔臓器の損傷や細菌が感染することによって腹膜炎を発症します。胃や腸に穴が開いたり、誤飲したもので損傷することによって腹腔内に内容物が流れ出し、その際に胃や腸にいた細菌が中から漏れてしまうことによって細菌感染することがあります。他にも、急性胆のう炎や、急性膵炎など消化器疾患が重症化した犬の場合は特に腹膜炎になる可能性が高くなります。血流によって腹膜へ流れてくることもあります。その他、腸閉塞やメスなら子宮内膜炎や卵巣炎、流産がきっかけで発症したり、過去に何らかの手術歴があったり、手術後の癒合不全や誤飲で何か刺さったりなどの外傷が原因で起こることもあります。

●腎不全・・・

様々な原因があり、解明されていない部分もありますが、分かっている範囲だと下記のようなものが挙げられます。

・糖尿病やガン発症が原因となって発症することがあります。

・塩やリンなどを過剰に与えてしまうと腎臓に負荷がかかり発症することがあります。

・老化と共に体全体の機能が衰えていき、腎臓の機能が衰えることで発症することがあります。

●感染症・・・

犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(II型)感染症
パルボウイルス感染症
パラインフルエンザウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
レプトスピラ症

これらの病気が原因であれば専門家でない飼い主には区別が付きませんし、また病気ではないにしろ犬は一般的に食べて良いものと食べてはいけないもののが分かりませんから、自分が興味を持ったものは食べ物であってもなくても口に入れてしまうので注意しましょう。ワンちゃんの健康はアンチエイジングに繋がります。家族の笑顔は健康から生まれます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。