愛犬を熱中症から守る

健康・医療

熱中症が社会問題になりました。以前は比較的過ごしやすい気候だった日本列島ですが、近年は気候が劇的に変化しています。今回はワンちゃんを熱中症から守るお話をします。

健康な人でも注意が必要

我々にとっても真夏の季節はシビアであり、気温が40度近くになっており、非常に過酷です。40度近い外気温に加えて、湿度が極めて高いのが日本列島の難点です。熱中症は身体が弱い人だけがなる、といった誤った見方が依然として強いですが、それは誤解であり、高温多湿の環境で作業をすれば誰でも高確率で発症します。

ワンちゃんにとっての熱中症の注意

高温多湿の環境で発症するのは人だけではなく愛犬も同じです。むしろ体温が人よりも高いペットの方が危険性が高いです。愛犬の健康管理をする事も飼い主のお仕事であり、熱中症対策は家全体でしなければなりません。月並みですが、冷房を適切に使う事です。室内犬の場合、ほとんどをリビングや飼い主の部屋で過ごすでしょう。外気温が35度から40度になれば、どんな犬でも高温多湿の環境でバテバテになりますし、最悪の場合、医療機関のお世話になります。 エアコンで最低でも室温は28度以下にしなければなりません。勘違いされやすいのが温度設定の事です。機械の温度設定と実際の室温は別々です。前回も28度に設定と申し上げましたが、その通りに気温になるわけではなく実際は更に高めですので、25度位に決めた方が人と愛犬の健康管理に役立ちます。 過酷な暑さが続く時は、電気代の事は一旦忘れて冷房は基本的にONにしておきましょう。家全体のエアコンをつける事に抵抗があれば、例えばリビングの一室だけ、あるいは一階の部屋だけONにすれば節約になります。普段は別の場所にいる家族と愛犬をリビングに集めて、そこで主に勉強や生活をするようにすれば合理的に熱中症対策が出来ます。

ワンちゃんの水分補給

そして水分補給も熱中症対策には大切です。犬は水分を定期的に補給する必要があり、夏場は消耗が激しいため、いつも通りの量をルーチンワーク的に与えるのではなく、少し多めに与えるようにしましょう。ペットフードの量をやや多めにしてスタミナアップを狙うのも良いかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。