愛犬と美しく健康にアンチエイジング

健康・医療

女性はいつまでも若々しくいたいと願う。今では、食事の方法や化粧品などを取り入れている人も多いのではないでしょうか?

そして、今回は飼い主さんのアンチエイジングのお話をしたいと思います。

イギリスの皇太子が卒業された、セント・アンドルーズ大学で、犬を飼うと10歳若返るという研究結果がでました。79才以上の男女574人を対象に1週間「加速度計」を装着し、運動量を測定した。その結果、50人(9%)の男女が、他のひとに比べて、精神的苦痛をうけていないことがわかった。その50人の共通点は、みんな犬と暮らしていたというのだ。犬と暮らさない人に比べて運動量が多く、より健康な生活をしていた。犬と暮らす人は、散歩や、外出の頻度は増え、近所付き合いが発生した為との見解。

このように、愛犬がいるということは生活のリズムが出来、しかも運動も適度にすることが若返りの秘訣ともいえるのです。

それなら体を動かすだけでいいのでは?と思われがちですが、なにより犬とふれあうことによりオキシトシンというホルモンが分泌される。

これが幸福感にもたらす1番重要なことなのです。

この結果をもとに、研究者のFeng氏は高齢者をターゲットにしたドッグシェアリング・プロジェクトを推進している。

このプロジェクトの1番の目的は、高齢者が金銭的負担を受けずに肉体的・精神的な幸福感を得ることができるようにと。

ワンちゃんと暮らすこと、健康で尚且つ若さを保つ、女性にとっての最高の美容なのではないでしょうか?

しかし重要なのが、愛犬と暮らし散歩をし幸せを感じる、これだけで効果が出るものではありません、やはりまずは食生活が大事です。

そこで、アンチエイジングに老化防止に役立つ食べ物をあげていきたいと思います。

老化の原因は主に、活性酸素の働きによりできる体の酸化と、血糖値上昇によって起こる糖化(タンパク質と余分な糖が結びついて変性し劣化)することで起こります。

とすれば、抗酸化作用があって、血糖値の上昇を抑える食べ物を摂取すればいいというわけですね。

抗酸化作用といえば野菜、野菜の中でもトマトです。

もうご存じのとおり、トマトにはリコピンが豊富です、このリコピンがビタミンEの100倍あるという、抗酸化作用に最も有する。リコピンは、脂に溶け

やすいので、炒め物にして食べると吸収がよいとされています。

また、朝も吸収しやすいので、トマトジュースがおすすめです。トマトジュースが苦手な方は、ゼリーにしたり、カルピスで割ったりしながら工夫してみてはどうでしょうか?

次に抗酸化成分の緑黄色野菜です、その中でも最も多いのがβカロテンが豊富なニンジンですね、βカロテンは体内でビタミンAに変わり尚且つ美肌効果もあります、緑黄色野菜は疲労回復や皮膚の健康を保つ役割があるので、野菜不足にはならないよう毎日摂取してください。

そのほか、アボガド、バナナ、ブルーベリーなども良いとされています、但し取り過ぎは糖質や、脂質の多い食べ物もありますので適量で摂取することが大切です。

次に、糖化を防ぐものですが、前にご説明したとおりタンパク質が糖と結びつき、劣化する現象のことです。

この劣化によって血管や内臓が弱ってくるのです。糖質も必要であるエネルギー源ですが、摂取しすぎると体の老化を早めてしまいます。血糖値が急激に上昇するのを防ぐためには、上昇がゆるい食事をすることが重要です。

日本人なら白米をたべますね、この白米は急激に上がるのです。

そこでおすすめは、食事を取る前にヨーグルトや、牛乳など乳製品を摂取することもいいですね、この乳製品が血糖値を抑制する働きがあるからです。

あと、アーモンドも血糖値を抑える働きがあるのですが、脂質が多いので食べ過ぎに注意てください。

ナッツなどには、植物繊維が豊富なので、食事の前に少しだけ摂取すると、消化を緩やかにし血糖値の上昇も緩やかにしてくれます。

愛犬と暮らし、体を動かして、毎日野菜や乳酸菌をとる。

これだけでも、高い化粧品をかわなくてもアンチエイジングの効果は発揮します。

愛犬と共に、美しく健康に過ごせますように。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。