老犬との生活

健康・医療

長い年月にわたって生活を共にし、一緒に年齢を重ねた愛犬。年齢が高い犬を家族として招き入れた。愛犬もいずれ老犬生活になるでしょう。ご家庭が比較的シンプルな家であってもワンちゃんにとっては負担であったりします。思わぬ怪我に見舞われないためにも事前に対策を施すことも大切です。今回はワンちゃんの過ごしやすいお部屋作りのポイントを紹介していきます。

老犬の足腰を守る

年齢を重ねると足腰が弱くなってくるので室内の床の様子に目を向けましょう。フローリングのように滑りやすい床材が使用されている場合は、コルクマットや毛が長くない絨毯を敷くと滑りにくくなります。 コルクマットや絨毯の他には床の全面にヨガマットを敷いてあげる方法も良く、ヨガマットは柔らかくて滑りにくい事に加えてコルクマットや絨毯に比較して厚みが厚いので、敷居などの段差を解消しフラットにさせられます。寝たきりにならないように少しでも足に負担をかけないようにすることが重視されます。

参考グッズ

商品詳細ページはこちらから

老犬の視力はわかりずらいこと

足腰と共に視力も低下しますし白内障を発症し著しく視力が低下する場合もあるので、犬から見た低い目線で室内を見渡すようにし、障害になる物の有無について確認しましょう。 そして、大切なのは視力が低下し室内に設置してある家具などの物に体をぶつけてしまうようになってから対策を施すのではなく、まだ視力が低下していない段階で家具などの配置を見直し物の場所を記憶に留めてもらう事です。 間取りや面積の関係上配置を見直したり撤去する事が難しい場合には、物の角など体がぶつかると怪我の原因になりやすい部分にタオルを当てたり、クッション材を当てると怪我が予防できます。 さらに足腰が弱くなると自らの意志で進んでいったものの、方向転換ができずに立ち往生する事例も増加するので、物と物の間に広いスペースを確保して設置し、室内に狭い空間を作らないようにしましょう。

参考グッズ

商品詳細ページはこちらから

室内や体温調整のサポートはしっかりと

他にも老犬になると体温を調節する機能も低下し気温の変化に気が付きにくくなったり変化に弱くなるので、気温の変化に注視して寝床を柔軟に変更しつつ、気温が低い冬などはマットを追加して保温性能を高める事、夏は熱中症の対策のために窓際から離れた場所に寝床を確保してあげることも大切です。

参考グッズ

商品詳細ページはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。