高齢犬の医療費

健康・医療

人間の医療が進歩している時代ですが、犬の医療もどんどん進んできています。しかし健康保険が確立していない動物の医療費はとても高いものです。ワンちゃんの年齢によっても病院へ行く回数は変わってくると思います。今回はシニア犬の場合かかる医療費はどのくらいになるのかお話したいと思います。

医療の進化により元気な高齢犬になるか?

人間の老齢化社会は当然のことですが、犬もドッグフードや医療の進歩でどんどん高齢化しています。それと同時に病院に罹る機会も増えており、場合によっては高度で高額な医療を受ける機会も増加の傾向にあります。 ペットが一回の通院でかかる費用はだいたい3,000円〜10,000円で、入院すると3,000円〜12,000円ぐらいが相場です。手術に至っては、60,000円~400,000円ぐらいと言われています。例えば小型犬のヘルニアの治療の場合、5日間通院すると約30,000円で手術入院だと約250,000円かかります。 これを見ても、これからペットを飼いたい方にとっては不安材料となってきます。一度家に入れてしまえば家族同様の存在になり、苦しんでいるのをほっておく訳にはいかなくなってしまいます。そんな時にどう対策したらいいのかを考えてみる事にします。 貯蓄する方法もありますが、犬の病気はいつ起こるかわからないので確実な方法とは言えません。そんな時に一番確実な方法はペットの医療保険なのではないでしょうか。

必ず訪れる老犬

人間にかける保険は沢山ありますが、最近では「ペット保険」も充実しています。 統計によると、愛犬を飼っている方が年に1回以上動物病院に行く割合は、全体の9割で、手術する割合が全体の8割だという事です。ペットを飼っているほとんどの方が動物病院を利用しているのです。 ペット保険には今やいろいろな種類のものがあるそうですので、ご自分のペットに合ったものを検討してみる必要があるのではないでしょうか。ペット保険で検索するとお客様のレビューなどが載っているので、それを見ながら選んで頂くことをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。