日向ぼっこ効果でアンチエイジング

健康・医療

猫ちゃんは日向ぼっこをしているイメージありますが、ワンちゃんが日向ぼっこをするイメージが無い方もいらっしゃるのではないでしょうか?飼い主さんは愛犬がポカポカ日に窓際でうっとりしている光景を見たことがあると思います。本当はワンちゃんも日向ぼっこが大好きですよね。実はこの日向ぼっことワンちゃんの健康面には重要な役割があります。今回は日向ぼっこはワンちゃんにどんな効果があるかお話します。

犬と日光の関係

【ホルモンのバランス】まず日光を浴びることで体内時計をリセットします。特に朝日が効果的と言われていて、それによって生活のリズムが整うのです。そう言われると朝のお散歩が1番いいと考えられますね。

更にそれだけではなくホルモンのバランスを整える効果があり、ワンちゃんが日光を浴びることで感情や気分のコントロール物質であるセロトニンが分泌されます。この物質がワンちゃんにとって精神状態を正常にする最も重要なホルモンなのです。このセロトニンの分泌が悪くなると情緒不安定になり、吠える・咬むという行動に繋がってしまいます。ワンちゃんによってはうつ病になるケースもあると言われています。
記憶力や運動能力を低下させないよう出来るだけ毎日ワンちゃんに日光を浴びさせる事が健康の鍵といえるでしょう。

日光浴で強い身体をつくる

【ビタミンDの合成】女性の方は避けたい紫外線ですが、日光には「紫外線」が含まれています。犬も紫外線を浴びる事によって、体内でコレステロールから【ビタミンD】を合成させます。 また、ビタミンDはカルシウムの吸収に重要な役割をしますので、ビタミンⅮが不足すると骨粗鬆症,骨軟化症の様な骨の病気や、くる病などを発症する事があります。 ビタミンⅮは特に幼犬の発育時に重要な栄養素となりますので、多くは食事からとその役割を助ける日光浴で摂取しましょう。 またアメリカでは太陽の光に一番近いライト【トルーライト】という特許商品を使用し、日光浴不足の室内犬の治療として骨の病気予防に役立てる事例もあります。

殺菌力

【皮膚病予防】 日光の紫外線にはノミやダニを退治したりと殺菌効果があります。カビや細菌の繁殖を抑え、アトピー性皮膚炎などの皮膚の疾患予防にもなります。

いかがでしたか?なにげなく見ている愛犬の日向ぼっこですが、非常に大切な行動でもありましたね。夏場は地面も熱く、散歩時間をずらし夜にお散歩するご家庭も多いかと思いますが、お家の中でもワンちゃんの健康法として日向ぼっこが出来る空間を作ってあげるのも良いでしょう。

最後になりましたが、外出先での日向ぼっこでは危険が伴います。そう熱射病、日射病、熱中症です。こまめな水分補給をお忘れ無く!!!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。