愛犬が高齢になったときに子犬を迎えないほうがいい理由

健康・医療

ペットが亡くなるのは誰にとっても悲しい事実です。出来れば喪失感を味わいたくないために、子犬を迎えようと検討まさるご家庭もいらっしゃるかもしれません。シニアになっているので子犬とうまく付き合っていけるだけの懐の深さを備えていると考えがちですが、実はこのような取り扱いは余り好ましい結果をもたらしません。

老犬へのストレス

老犬が居る家庭に子犬を迎えることの問題点や注意事項を御紹介します。 飼い主の皆さまは、年長者が赤ちゃんなどに相応の配慮を持って対応すること類似してシニアも子犬と仲良くするはずと考えがちですが、実は大きなストレス要因になるのです。この点は視点を変えて高齢者にとって騒がしい子供や近隣で騒ぐ子供の声に苦手意識を持つ場合があることと、想起すれば納得できることでしょう。シニア犬にとって、活発に動き回り意想外の行動に出る子犬の存在は煩わしく、ストレスを回避するためにアイコンタクトを盗るのを避けるようになる事はよく観察されている現象です。まだコミュニケーションをとらない程度で止まっていればさほど問題にはなりませんが、時には噛み付いてしまって子犬にケガを負わせる事態も十分ありえます。とりわけシニアのの年齢に差し掛かると、関節炎やヘルニアなど強い痛みを伴う疾患にかかっていると、僅かの接触でも大きなストレスを与えることになるのです。

子犬への影響

このようなシチュエーションを経験することは子犬の社会性を備えさせるうえでも重大な支障をもたらすリスクもあります。噛み付かれた経験をしてしまうと、恐怖心が刷り込まれてしまうので、他の固体への恐怖心のあまり、噛み付いたりやたらと怯える等、社会性が発達しない結果各種の問題行動の直結する可能性もあります。 このようなリスクもふまえ、それでも子犬を迎えるというのであれば、シニア犬が迎えることが出きる状態なのか否かを飼い主様がしっかりと見極めるべきです。うまくいかないようであれば、もう少し落ち着いた年齢の固体を検討したり、時には迎え入れない決断も求められます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。