子犬から育てるということ

健康・医療

ワンちゃんの飼育数が年々減少にあるといえ、2018年で約900頭のワンちゃんが家族として飼育されている。日本の家庭で最も愛されているペットと言えるでしょう。散歩に連れ出す必要もあれば定期的に動物病院に連れて行くことも大切なので手間もお金もかかるのが実際のところですが、可愛らしさや飼い主への忠誠心の強さなどの面から飼うことを希望している方や家庭が多くなっています。

迎え入れる前に

ペットショップで購入できる犬はまず間違いなく生まれてから一年も経っていない子供なので、まずは育て方を飼い主として学ぶ必要があることも合わせて覚えておいたほうがいいでしょう。 子犬の育て方としては食べ物やトイレに関するしつけを行うこと、お散歩やお手入れなど飼い主としての手間を怠らないこと、無闇に咆えたり噛み付いたりしないようなトレーニングを施すことなどが特に重要だとされています。家の中にある食べ物を勝手に食べないよう皿に入れたものだけがペットの食べていいものであり、トイレも決められた場所でしかしてはいけないことを教えることが犬との同居の際には大切です。そして子犬の内に受けておくべきトレーニングは極力早めに受けたほうがいいと言われており、人間でいうところの成人の年齢になってしまってからは遅いというのが理由になっています。

自分の子供と同じ

ワンちゃんだって愛情を注いであげないと懐いてはくれません。優しさを持って散歩や手入れに力を入れることが推奨されております。 もっと具体的に子犬の育て方を学びたいと考えているようなら、書籍や専門的なサイトを閲覧するのがベストだと言えるでしょう。犬を飼いたいと考えている方の多さから関連した書籍やサイトは非常に多く実在しており、ためになる情報が調べられるものばかりになっているからです。新米飼い主が陥りがちな罠や失敗を事前に学ぶようなことも可能となっていますので、家族として新たに迎え入れる愛犬が間違った方向に育たないように、そしてペットと一緒に穏やかな日常を送るためにも時間をお金をかけてでも勉強すべきだと言えるでしょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。