手作りご飯で注意すること

健康・医療

犬の手作りご飯で注意することとして、使ってはいけない食材があることです。ご存じな方も多いですが、今回は改めてお話したいと思います。

中毒を起こしてしまう食べ物

代表的なものには、玉ねぎなどのネギ類、チョコレート、カフェイン、魚介類、乳製品、香辛料などがあります。犬に与えていけない食材として有名な玉ねぎなどのネギ類には、中毒物質であるアリルプロピルジスルフィドが含まれており、万が一食べてしまうと死んでしまうこともあるため、絶対に与えてはいけない食材です。誤って玉ねぎ類を食べてしまった場合には、すぐに吐き出させ病院へ連れていく必要があります。 チョコレートは、チョコレート中毒の原因です。嘔吐や発熱、下痢などの症状が出ることがあります。エサとして混ざってしまうことよりも人間がおやつとして食べているものを出しっぱなしにした結果食べてしまうことが多いです。カフェインも人間には症状が出なくても動物では発作を引き起こす恐れがあるため控えます。

アレルギーを引き起こす食べ物

魚介類は、魚は与えても大丈夫ですが小骨に注意が必要であり、イカやエビ、カニなどは消化不良を起こす場合やアレルギー発作が出る可能性があります。消化不良を引き起こすのは魚介類以外ではこんにゃくやたけのこなどもです。腎臓への負担をかけないようにするために塩分の摂りすぎに気を付けます。 犬にも食物アレルギーを持つものもいます。人間と同じように激しいかゆみや嘔吐、下痢などの消化器系疾患が症状にあらわれることが多いです。アレルギーを引き起こす食品は犬によって異なりますが、肉や大豆、トウモロコシなどがアレルゲンになることがあります。アレルギーを治療することは不可能ですが、アレルゲンとなる食品を避けることで症状を改善することは可能です。アレルギー対策で手作りご飯を作る場合には、切り替え直後は腸が慣れていないため下痢などの症状が発生する可能性もありますが、半年程度で収まることが多いです。発熱などの症状が見られる場合には、別の病気が原因になっていることがあるため病院を受診してみることです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。