子供が犬と生活するとこんな結果になる

健康・医療

世界的に見ても人間と犬との距離感が近いイギリスでは、子供が誕生した際には犬を飼うべきであるという教えが広く一般的に知られているほど数多くの恩恵を授けてくれます。ではどのような恩恵があるのかお話していきましょう。

 

心身にもたらす影響

犬をペットとして飼育することで癒されたり和まされるといった心理面の効果を感じることが可能です。しかしそれだけでなく、健康面も向上させる力があるということが分かっています。健康面の改善をするということには大きく二つに分けられます。一つ目は運動機能が高くなるということです。毎日散歩に連れて行ったり身の回りのお世話をすることで自分自身の生活リズムも整えることができます。その結果副交感神経が活発になり質の高い睡眠をすることができりしっかりと食事とすることができるようになります。近年アニマルセラピーと呼ばれるものが注目を集めています。アニマルセラピーとは動物と接することで様々な病気を良い方向に導くことができる治療方法です。対象となる人は精神患者・がん患者・一人暮らしのお年寄り・学校に通うことが難しい子どもなどです。精神分析学を確立したという人は、かつて患者の気持ちを落ち着かせてしっかりと会話をすることができるように犬を傍において診察をしていたという話も伝えられています。犬は人の心をリラックスさせることができる癒しの効果があるとされています。アニマルセラピーを活用することで疎外感や孤独感などを少なくしてくれたりいろいろな病気を治すことができると言われており、今後も需要が高まってくると予想されている大切な治療方法です。

心の豊に育つ

特に良い影響を与えられるのが感受性が豊かにさせられる様子であり、人間同士のように言葉のやり取りをする事ができないからこそ、遊んでいる時に行動もしくは表情から今訴えている事を汲み取ろうとします。 思いを汲み取るべく様々な想像をする気持ちは人間に対しても向けられるようになるので、他者に対して思いやりを持った接し方ができるようになります。 そして、些細な行動や表情も見逃さないようにするので、小さな事柄について見逃す事が無くなり、些細な事でも心が動かされたり感動できる心が豊かな人間に成長できます。 犬を飼うと散歩のために屋外に出て比較的長い距離を歩行する事になりますが、犬を連れて歩いていると単独で歩いている場合とは打って変わって他者から話しかけられる機会が多くなります。 普段の生活習慣では同年代の子供達と話す機会しか持てない場合でも、同じ愛犬家という共通点により多くの大人達とコミュニケーションを持つ機会が増えるので、コミュニケーション能力が育まれ将来ビジネスシーンやプライベートシーンの双方において充実した生活が営めます。 そのように一定の頻度で屋外に散歩に出かける習慣ができると身体を動かす機会が無意識的に持てるようになるため心身ともに健康的になりますし、晴れている日であれば降り注ぐ太陽光によりビタミンDが生成され骨が丈夫になります。 そのため、犬を飼っていて散歩に出かける習慣がある子供の方が飼っていない子供に比べ、呼吸器疾患に見舞われにくいという研究成果もあります。 子供にとって犬は最初の友達になり、れっきとした家族の一員になりますが、人間よりも寿命が短いため先にこの世を去ってしまう事は避けられません。 幼少期から共に暮らしていれば思春期などの多感な時期に別れを迎える事になるので、命の尊さや大切な存在との別れについて犬が身をもって教えてくれます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。