犬が人に与える力

健康・医療

犬をペットとして飼育することで癒されたり和まされるといった心理面の効果を感じることが可能です。しかしそれだけでなく、健康面も向上させる力があるということが分かっています。健康面の改善をするということには大きく二つに分けられます。

犬と暮らすと健康になる

一つ目は運動機能が高くなるということです。毎日散歩に連れて行ったり身の回りのお世話をすることで自分自身の生活リズムも整えることができます。その結果副交感神経が活発になり質の高い睡眠をすることができりしっかりと食事とすることができるようになります。特にお年寄りの人にその傾向が高く、犬を飼育することで自身の病院に通う回数が比較的少なくなっているというデータが出されました。 二つ目はストレスを緩和させてくれるということです。15分~30分程度犬をなでたりして触れ合うことで血圧がおよそ10%下がることが分かっています。
ストレスを感じることが多いとされていますが、そのストレスを軽減させることに役立ちます。人のストレスを少子高齢化が問題とされている日本にとって、お年寄りが健康に生活していくことはとても大切です。
人が長生きするためにも犬と一緒に暮らしていくことで健康的になることができるでしょう。

気持ちが穏やかになるリラックス効果

近年アニマルセラピーと呼ばれるものが注目を集めています。アニマルセラピーとは動物と接することで様々な病気を良い方向に導くことができる治療方法です。対象となる人は精神患者・がん患者・一人暮らしのお年寄り・学校に通うことが難しい子どもなどです。精神分析学を確立したという人は、かつて患者の気持ちを落ち着かせてしっかりと会話をすることができるように犬を傍において診察をしていたという話も伝えられています。犬は人の心をリラックスさせることができる癒しの効果があるとされています。アニマルセラピーを活用することで疎外感や孤独感などを少なくしてくれたりいろいろな病気を治すことができると言われており、今後も需要が高まってくると予想されている大切な治療方法です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。