愛犬を蚊から守る

健康・医療

 

人間でも、夏は蚊に悩まされる時期です。

今回は、ワンちゃんにとっては蚊はとても怖い病気にかかるというお話です。

フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を体内で感染している蚊が、ワンちゃんを吸血した場合、幼虫が刺し口からワンちゃんの体内に侵入します、そして皮下に寄生し、成長します。皮下に入った幼虫は、脱皮をくり返し成長し、3か月ほどすると血管に到達します。更に、ワンちゃんの静脈血管の中を進み心臓に到着し、右心室や肺動脈に寄生します。感染後半年ほどすると成虫となり、ミクロフィラリアを産生するようになります。

蚊が、フィラリアに感染したワンちゃんを吸血しながら、感染を広めていきます。

ワンちゃんの体の大きさや体調などにより様々ですが、寄生数が少ないときは無症状です。数が増えることにより、咳をする症状が見られるようになってきます。寄生されてから年月が経過すると、呼吸器症状が徐々にひどくなり、四肢のむくみ、お腹に水がたまって膨らんできます。さらに進行してしまうと、血を吐いたり失神を起こしたりという症状にもなります。フィラリアが多数寄生し、治療が遅れると、その死亡率はほぼ100%です。

主な症状

呼吸が荒くなる・お腹がふくれる・ぐったりする・失神・てんかん・痙攣・元気がない・血を吐く・血尿・散歩にいきたがらない又はすぐに疲れているなど。

予防方法

フィラリア症の確実な予防方法は、毎月一回予防薬を飲ませるだけで出来ます。フィラリア予防薬はフィラリアの幼虫が血管に到達する前に死滅させ、フィラリアが心臓に寄生するのを防いでくれるものです。このためフィラリア予防薬の一般的な投薬期間は、蚊の出始める時期の1ヵ月後から、出なくなった1ヵ月まで、とされています。予防薬の投与は、今はもう蚊がいないから、と勝手に中止せず、定められた期間中はしっかり飲ませるようにしましょう。ただし、蚊の活動時期は地域によって異なります。予防期間については、お住まいの動物病院の指示に従うようにしましょう。重要なのは、すでに感染している犬に予防薬を投与した場合、重大な副作用が出るという点です。死亡例もあります。毎年予防はしていても検査が必要なのはそのためです。

市販されている、医薬部外品です。安いからといって、使用してしまうと効き目が弱かったりして危険です。

また、犬種によっては投与してはいけない犬種もいますので、ご注意ください。

感染の場合に一度に大量の虫を駆除すると、虫体が肺動脈に詰まって命にかかわるおそれがあるので、慎重に投与する必要があります。

初めてワンちゃんを迎えられた方は、是非動物病院の医師にお尋ねください。

ワンちゃんの健康は、家族の幸せに繋がります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。