犬の視力について

健康・医療

犬が敏感な嗅覚や聴覚をもっていることはよく知られていますが、視覚の面では特に動体視力はとても優れており静止している物体より動いている物体をとらえることの方が得意です。視野も広く人間よりも広範囲を見渡すことができますが、視力が弱いこともわかっており人間でいうところの0.2から0.3程度しかありません。今回は飼い主さんに愛犬の視力についてご理解いただくためのお話しをします。

ほんとうにワンちゃんの視力は弱いの?

要因の一つとして人間の目が顔の正面に付いているのと比べると、犬はもう少し外側についているため焦点を合わせにくいのではないかといわれています。長く狩猟をしてきた動物なので各器官は狩りに適した発達をとげており、たとえ視力が弱くても嗅覚や臭覚を利用して距離感をはかったり、物体を認識したりと人間とは異なる方法で周囲を把握できるため近くが見えなくて困ることはありません。では近視なのかというと犬種により異なる傾向があることが分かっており、また近頃ではいろいろな犬種同士を交配させ新たな犬種がどんどん生まれているため同じ系列の犬だから傾向も同じとは限らず、優れた動体視力でかなり離れた物体を認識することができることを根拠に近視だといわれても断定はできないため、人間と同じ尺度で考えるには無理があります。

愛犬の視力を理解することが大切

ワンちゃんも人間同様に老化するのであらゆる能力が落ちてきます、もちろん視力も低下してきます。視力の低下は普段住み慣れた家の中でなら物の配置を記憶しているのでぶつかることもなく飼い主が気づかない場合があります。ではどんなときに気付くのでしょう?たとえば初めていった場所で物にぶつかったり、家具の配置をかえたらぶつかったといったことがある場合は視力の低下が疑われます。症状が進行すると失明することもありますし、失明してしまうとぶつかる頻度が高まり神経質になったり恐怖心から攻撃的になることがあるので適切な対応が必要です。視力低下は老化以外にも病気が原因のこともあるので普段と様子が違うと感じたらできるだけ早く医師に診察してもらうことが大切です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。