犬が食べれる果物

健康・医療

果物といえば、ビタミンCが豊富と誰もが知っていますよね。そうですビタミンCがで美容と健康に欠かせません、とくに女性には美容の為、多く摂取してほしい食材です。その果物、ワンちゃんにも良いってしっていますか?ということで、今回はワンちゃんと果物についてお話します。

なんでもいいわけじゃないの?

基本的なことですが、人間の食べ物が犬にとって必ずしも安全な物ではなく、毒性のあるもの若しくは毒性はなくても過剰摂取によって中毒を起こしてしまうということがあります。犬が中毒になると嘔吐や下痢、食欲不振、最悪の場合は死亡することもあり、 ベルジンという毒性物質を含むアボガドや葉や皮に毒性物質があるイチジクなどは食べてはいけない果物の中に入ります。 本来はドッグフードを与えるのが良いですが、ご褒美の感覚で少量あげるのは仕方のないところで、ビタミンや食物繊維、カリウム等のミネラルを多く含む果物は犬が食べてもよいですが、果物はカロリーが高いので与えすぎると肥満や糖尿病の原因にもつながりますので注意が必要です。

犬に良い果物

犬に与えても害がなく、適量を与えれば健康に良いとされる果物は、バナナ、リンゴ、梨、イチゴ、柿等があります。私達にとっても身近な果物ですね。これらの果物、ビタミンC以外にどんな効果があるの

バナナ

ビタミンによる抗酸化作用や食物繊維のペクチンを多く含み便秘解消にもよいです。

リンゴ

食物繊維が豊富なので便通や整腸作用によく、カリウムによる利尿作用や高血圧の予防にもよいです。

およそ90%が水分で、カリウムも多く含んでいるので水を余り飲みたがらない犬には水分補給に加え、利尿作用による老廃物の排泄を促し、高血圧予防も期待できます。また、プロアテーゼという消化酵素を含むので消化機能が衰え始める老犬には効果的です。夏場の体の熱を取ってくれるのも良いです。

イチゴ

梨と同じく90%が水分というイチゴもおすすめです。ビタミンCを豊富に含んでいるのでビタミン補給によいです。イチゴはキシリトールを多く含んでいるので、与えすぎると低血糖症を起こすことがありますが、大量に与えなければ大丈夫です。1日1個などと決めて与えすぎないようにします。

βカロチンを始め、ビタミンAやビタミンC等のビタミン類を多く含み抗酸化作用や老化防止に役立ちます。渋みのもとのタンニンは口臭、高血圧予防に良いです。みかんもビタミンCが豊富で犬にとってもがん予防にもなります。

 

いかがでしたか?是非飼い主さんもワンちゃんと一緒に、秋の果物を美味しくいただいて、寒い時期を健康にお過ごしください。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。