高齢かな?と感じた瞬間、するべき5つのこと

健康・医療

犬のシニア期というのは、犬種などによっても時期が異なります。そのため何歳からが高齢だとは一概に言えないのですが、老化は内側から徐々に始まっていくので、愛犬の様子を観察することが大切です。今回はそんな変化を見逃さずに愛犬の健康を考える内容をお伝えします。

運動量が減った

今まで喜んで行ってた散歩を嫌がるようになったり、大好きなおもちゃで遊ばなくなった。など、微妙な変化を感じた。老犬の介護をした方は言います。我々でも、少しの動きも億劫になるときがあります。ワンちゃんも同じなのです。なるべく日中は寝ている時間を減らすように工夫をしてください。例えば、散歩も歩きたがらないようでしたら、飼い主さんが抱っこして外の匂い、空気を感じたり音を聞かせるだけでも脳に刺激はあります。大型犬や中型犬は抱っこも大変という方は、歩かなくともブラッシングしてあげたり話掛けたりで充分でしょう。運動させなくちゃ!と必死にならず、散歩以外でワンちゃんにあった環境の変化をあげてください。

ご飯を残すようになった


食事の量などの変化が見られたら、それは老いを感じ始めている可能性があるので、その時期に合わせた生活スタイルに変えてあげることが大切です。・ドッグフードをシニア期のものに変更しよう ドッグフードは、ライフステージによって成分を変えているものが多いので、シニア期に適したものに替えてあげましょう。運動量が減ることからカロリーを控えめにしていたり、栄養バランスを整えるための成分を含んでいるなど、老犬向けの内容にしているものがたくさんあります。

変化に気付かずに放置していると

認知症になってしまう可能性があります。認知症は、脳への刺激が減ることで脳機能が低下していくものなので、急に徘徊を始めたり、トイレに失敗したりなどの常同行動が見られるようになります。ハードな運動はしなくても良いので、できるだけ体を動かしたり、お勉強をして脳に刺激を与えたりすることで、認知症の予防が可能です。 ・体調を気遣って時々医師にも確認をしてもらおう 犬は人間のように体調不良を訴えることができないので、飼い主がしっかり観察をしてあげることが大切です。

甘え鳴きを繰り返す

今までは甘えることもなかったワンちゃんが、急に甘えた鳴き方をする場合があるそうです。何か痛みを訴えている可能性がありますし、気づかない間に骨折していることもあります。異変を感じたら病院に連れて行き、健康チェックなども受けましょう。 できるだけ一緒に過ごす時間を増やしてあげる 高齢になると赤ちゃん返りをし、飼い主に甘えたくなる犬がたくさんいます。できるだけそばにいて優しく接してあげるようにしましょう。 生活環境を見直して快適な空間を作ってあげよう 足腰が弱くなるので、ちょっとした段差でも過ごしづらさを感じる可能性があります。生活環境を見直して、愛犬が過ごしやすいよう工夫してあげましょう。

するべき5つのこと

・ドッグフードをシニア期のものに変更しよう

・できるだけ運動とお勉強をさせよう

・体調を気遣って時々医師にも確認をしてもらおう

・できるだけ一緒に過ごす時間を増やしてあげる

・生活環境を見直して快適な空間を作ってあげよう

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。