シニア犬への食事の与え方

健康・医療

犬を飼い始めてから年月が経って行けば、人間と同じように高齢になっていきますので、シニア犬の仲間入りをするようになります。毎日ワンちゃんと一緒に過ごしていると、少しずつの変化に気づかないかもしれませんが、年齢を重ねるごとに段々と体の機能も衰えてくるようになりますので、年齢に合わせた食事を心がけてあげるようにしたほうが、いつまでも元気で過ごせるはずです。1番気になるのは食事のことと思います。われわれも必ず高齢になるわけですが、人は自身で健康になるための努力をしたり、食べ物にも気を遣うようになります。ワンちゃんは自分で食事を選ぶこともできません、そこには飼い主さんの一工夫が重要となります。だからといって飼い主さんが頑張りすぎて体調を崩しても大変です。飼い主さんが気軽に出来て、なお且つワンちゃんへの負担もないようにすることが目的です。今回は、高齢になったワンちゃんへの手作りご飯の実例をお話します。

ドライフードと手作りご飯どちらがいい?

高齢犬にはどういった食事を与えればいいのかという事になりますが、今まで与えていた食事から一気に変える必要はありません。急に健康を意識した食事に変えてしまうと、慣れない食事でストレスを与える事になってもいけませんし、好みなどから受け付けない場合もあるからです。健康を意識した食事に変えていくためには、ドライフードのワンちゃんには今までの食事に少しずつ混ぜ合わせていくようにし、徐々に変えていくようにする方法がいいでしょう。具体的にはどういった食事にすればいいかというと、良質なタンパク質を与えるようにしなくてはなりません。

たんぱく質を摂取することの重要性


衰えがちになっていた筋肉を作る事が出来ますので、摂取させるようにしたほうがいいからです。しかし与え過ぎてしまうと、太り過ぎてしまう原因になりますので気をつけなくてはなりません。太る事によって、だんだん動きが鈍くなってしまったり、他の病気を誘引してもいけませんので、太らせないような食事も意識する事です。

しらす干し(半乾燥)、ほんまぐろ/赤身、鶏ささみなど

野菜を摂取することの重要性

高齢になる事によって、腸の動きが若い頃に比べて鈍くなっていくため、便秘になりやすくなってしまうからです。 野菜を摂取することによって、便秘が防げるようになり、体への負担を少なくすることが出来ます。
体にいいものを摂取させようと思ってカロリーなどを意識していなければ、逆に体調が悪くなってもいけませんので、与え過ぎには注意をするようにし、様子を見ながら与えるようにしましょう。

さつまいも、キャベツ、ニンジン、ブロッコリーなど(野菜は、少しゆでて細かく刻んでください)

以上、食事のあとは水分をたくさんとることをお勧めします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。