高齢になってかかりやすい病気 その対処法

健康・医療

元気なワンちゃんでも、高齢になると様々な病気になることがあります。そんな高齢犬がかかりやすい病気がいくつかありますが、飼い主さんは、その小さな変化を見過ごさないことがとても大切です。それではどんな病気があるのか、お話していきます。

男の子の場合

去勢をしていない高齢のオス犬に多く発症するといわれている前立腺肥大は、1日の尿の回数が増えて1回の量が減るという初期症状があります。前立腺が肥大することによって便秘がちになりますので、便と尿のチェックは大切です。

女の子の場合

避妊をしていない高齢のメス犬は、子宮内膜症を発症しやすくなるといわれています。子宮内膜症は、微熱やお腹をかばうようなしぐさやお腹を触られるのを嫌がったり、無発情期の出血が見られる場合がありますので、それらのチェックも大切です。

シニア期にはいると

性別に関係なく、7歳を過ぎると少しずつあらわれてくる病気のひとつに認知症があげられています。認知症は、加齢とともに脳の細胞が死滅することで発症する病気でストレスを多く抱えた状態の高齢犬の場合は、症状を促進させてしまうでしょう。認知症になると無欲になったり突然吠えるといった症状が初期に見られます。また、老化や肥満で起こりやすい椎間板ヘルニアは、歩行が不自然になったり、すぐに立ち上がれないといった症状が加齢とともに少しずつ現れてきます。人間と生活習慣病と同じで、高齢犬は体内に蓄積された脂肪が多くなり肥満になりやすいため、飼い主さんの健康管理がとても重要になります。シニア期といわれる7歳をこえると目に見えない体内の変化などが少しずつ始まってきますので、小さな変化に早く気付いてあげて初期の段階で治療をはじめることが大切です。初期の段階で治療を始めることができると治療方法の選択幅が広がりますので、注意深く愛犬の様子を観察してあげるとよいでしょう。対処法としては、毎日のスキンシップの中で確認できることがたくさんありますので、こまめに愛犬の身体に触れることです。高齢期の犬は、骨がもろくなっていますので、専用のカーペットを敷いて家の中で足を滑らさないように工夫することも大切でしょう。そして、視力の低下を想定して室内の障害物となる家具はできるだけ取り除く工夫も必要です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。