老犬の排泄補助について

健康・医療

愛犬が高齢になり、排泄が難しくなってきたと感じる飼い主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ワンちゃんの加齢スピードは、人が感じるより速いものです。「大切な家族だから・・」と気合いが入るのもわかりますが、飼い主さんが大変になっては困りますよね。今回は飼い主さんの負担の軽減を交えて、ワンちゃんの排泄介助のお話しをします。

排泄補助とは

足腰の筋肉が衰えると、ワンちゃんも排泄する際にふらついたり、尻もちをついたりするようになります。足腰の筋肉の衰えによるもので、飼い主の補助が必要になります。ただ飼い主さんも負担が掛かっては身も蓋もありません。ワンちゃんが過ごしやすく、飼い主さんも負担が掛からないような介助が1番です。いつもワンちゃんが室外で排泄している場合は、室内でおトイレが出来ないワンちゃんもいます。日頃から慣れるようにしておくと、ワンちゃんも違和感なくできるでしょう。トイレの場所を室内に変え、排泄しそうになったら後ろから回りこんで腰を支えるとよいです。後ろ足を踏ん張りやすくさせてあげると、大便の場合でも排泄しやすくなります。神経の麻痺がおこったり足が悪くなった場合は、おもらしをしてしまう場合もあるため、おむつを使用することをお勧めします。

おむつを選ぶ時の注意点

サイズをチェックし、ワンちゃんの身体にフィットするものを選ぶことが大切です。たまに「しめつけるのが可愛そうだから、少し大きめのサイズを、、」と大きめにした為、足の付け根に隙間が出てしまい、そこから漏れてしまう場合もあります。大型犬の場合は、老人用のおむつを試してみるのも一つの方法です。おしっこの量が多い場合は、別売りのパットで調整することも可能です。常におむつを使用するのではなく、介護できない時や排泄の時間帯だけ等、工夫して使用すると愛犬にとってもよい形で介護をすることができます。

寝たきりの場合の排泄は?


寝たきりの場合でも、トイレのタイミングが規則的である場合は、使用しない時間を取ってあげるのもよいです。夜はおむつを外し、トイレシーツを使用するのもお勧めです。寝ながらでもワンちゃんが動きたいそぶりをする場合は、床全面にトイレシーツを敷いておく必要があるかもしれません。寝ているスペースをサークルで囲っておく等、ガードしておくとよりよい環境を作ることができます。また、普段から肛門の周りの毛や、飾り毛のある犬種は太もも周りの毛をカットしておくと、お尻周りを清潔にしやすくなりケアもしやすくなります。脳からの神経伝達が上手くいかない場合、自力で排泄することが難しくなる場合があります。大便が出ない場合は、病気からではないかまずは獣医士に相談してください、何もなければ水分を多くとるようにしたり、綿棒で肛門を刺激したりと排便を促してください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。