岸和田の学校 犬の先生

ハグメン・ハグジョ

西村 一八 にしむら いっぱち 30歳

 

体操経験者でバク転を軽々と披露してくれるいっぱち先生は、現在ドッグトレーナーとして働いています。
子どもの頃から生き物が大好きで、時々仲良くなった野良犬を家に連れて帰り、飼い始めたことも何度かあったそうです。
「言葉の話せない相手。言いたいことが最初は分からないが、呼吸を合わせていくうちに読み取れるようになる」コミュニケーションは人間のものではなく、生き物すべてに言えること。
言葉の無い会話ができるようになると信頼関係を築くことも可能となり、親友や家族のような存在に近づいていきます。きっと、いっぱち先生は、たくさんの信頼と愛情を育んでいけるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。