愛犬との信頼関係は言葉を超えている。

ハグメン・ハグジョ

磯崎龍斗 いそざきりゅうと 22歳 貝塚

「人とワンちゃんの信頼関係は言葉を超えている。僕はその想いに応えたい。」磯崎さんはそう話します。

幼少期の出来事

磯崎さんが小学生のとき、愛犬のチョコと散歩していると、見知らぬおばあちゃんが引ったくりにあう場面に遭遇しました。倒れるおばあちゃんを見て、磯崎さんはすぐにおばあちゃんに駆け寄ります。おばあちゃんの安全を確保するとチョコに目で合図を送ります。チョコは察したのか犯人を追いかけ始めました。チョコはすぐに犯人に追いつき、腕の服に噛みつきました。犯人がもがいている間に近隣の人たちで犯人を押さえつけました。チョコはこの功績を讃えられ、貝塚警察から表彰を受け取りました。「もちろんチョコは訓練など受けていない普通の犬でした。犯人を捕まえる様子は遊んでいるわけでもなさそうで、気持ちが通じたとしか考えられません。」と磯崎さんは語ります。

22歳の想い

今は22歳の磯崎さんは大工になり、人の住居を作る仕事をしています。知り合いの飼っているコーギーが老犬となり、段差が登れなくなったと聞きました。そして、そのコーギーのためにスロープを設計し、プレゼントしました。「人と犬は通じ合うことができる。お互いの強みを活かし、弱みを補うことができる。僕はそれを信じて行動していきたい」磯崎さんのように犬を信じる人が、犬からも信じられるのかもしれません。磯崎さんの信じる共生社会の実現をわたしたちも応援していきたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。