• HOME
  • ブログ
  • 感動
  • 日本ペットフードの広告がとても素敵「死ぬのが怖いから飼わない」

日本ペットフードの広告がとても素敵「死ぬのが怖いから飼わない」

感動

日本ペットフード株式会社の2004年に出稿した新聞広告はご存知ですか?

コピーライターは「児島令子さん」で、有名なコピーライターさんです。
中でも「死ぬのが怖いから飼わない」という広告はとても有名ですのでご紹介します。

死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。

おうちを汚すから飼わないというなら、
犬はお行儀を身につけることができる。
留守がちだから飼わないというなら、
犬はけなげにも、孤独と向きあおうと努力する
かもしれない。貧乏だから飼わないというなら、
犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのが恐いからって言われたら、
犬はもうお手上げだ。すべての犬は、永遠じゃない。
いつかはいなくなる。でもそれまでは、
すごく生きている。すごく生きているよ。
たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、
幸せな時間を共有してるはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、
伝えて欲しい。犬たちは、
あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためだけにやって来るのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を
預かってみるのは、人に与えられた、
素朴であって高尚な楽しみでありますよと。

新聞広告は著作権などのいろいろな事情でこちらには貼りませんので
こちら から御覧ください。

犬を飼うことは、お金もかかるし、動物病院にも行かなければならないし、しつけをする必要があったり、大変なことももちろんあります。

しかし、マイナスのことばかりを連想するのではなく、「楽しいこと、幸せなこと」があることも忘れないでください。

もちろん気軽に飼いましょうと言っているわけではありませんが、犬を飼うことは結構楽しいことかもしれませんよ?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。