生後4ヶ月のわんちゃん

愛犬の学び・しつけ

わんちゃんのお勉強は、いつ頃から始めればいいの?と悩む人も多いのではないでしょうか。
わんちゃんが、お家に来た日から教えてあげたほうが良い、とお考えください。

トイレトレーニングから、基本の学び、芸という流れが理想です。
ただ、わんちゃんも最初は環境になれるまで不安な子もいるかもしれません、新しい環境に慣れるまで1~2週間は、環境変化から体調を崩さないよう観察してあげてください。
少しなれた時から、甘噛みが始まります、痛くないからとほっていてはいけません。辞めさせずにいると「噛んでいい」と認識してしまい、家族以外の人にも噛んでしまうかもしれません。生後4ヶ月半頃までに「噛んではダメ」と覚えさて抑制できるようにすることが望ましいです。
市販でスプレーなどありますが、身体に有害なものもありますので、「してはいけない事」と認識させて辞めさせてあげてください。

そして、忘れてはいけない「わんちゃんの社会性」もこの4ヶ月までに育まれます。子犬の時期は母犬の元で、教えられますが、生後まもなく母犬と離れてしまったわんちゃんには、

迎え入れた家族が教えてあげるしかありません。そしてこの社会性があなたがわんちゃんと、安心して穏やかに過ごせる、とっても重要なことなのです。

さてこの社会性ですが、主に、わんちゃん同士であったり、家族以外の人、そして生活音などに怖がらず、対応していける為の学びです。

あなたのわんちゃんが、人間の社会で生活していく中で、人を怖がるわんちゃんに育てると、玄関のチャイムや、大切なお客様にも吠えてしまったり、噛んでしまったりと、思い描いた映画の中のような穏やかな毎日を過ごせないことになります。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。