夏のお散歩の注意点

愛犬の学び・しつけ

梅雨も明け、海の日の連休からとても暑い日が続いています。ワンちゃんもぐったりしていませんか?まだ子犬のワンちゃんなら、お外に出たがるかもしれません。飼い主さんも、暑いけど愛犬のお散歩に行ってることでしょう。ここで、夏のお散歩についてお話します。

夏のお散歩の時間


猛暑続きの日中のアスファルトは、60℃にも達すると言われています。もしそんな中お散歩したなら、柔らかいにワンちゃんの肉球も、大やけど!!ワンちゃんのお散歩の時間を考えることはもちろんですね、ということで早朝(5~6時ごろ)と夜間(11時ごろ)の少し涼しくなった時間に行くのがいいでしょう。出かける時は必ずアスファルトの温度を確認しましょう。 しかし、夜間となると、女性の一人歩きも危険です。なるべくご家族でお散歩することをお勧めします。

夏の散歩は危険


夏は愛犬にトリミングをし、サマーカットなどしていると思いますが、これがワンちゃんの夏の散歩に、かなり影響があるのです。夏は愛犬にトリミングをし、サマーカットなどしていることと思いますが、これがワンちゃんの夏の散歩に、かなり影響があるのです。本来、わんちゃんの被毛にもちゃんと役割があります。例えば外敵から肌を守ったり、病原体や感染からも身を守り、体温温度の調整です。それらの働きがあるのです。ですので、夏の散歩の危険は、①高温のアスファルトの上をあるく②人より犬の体は地面により近いため熱を吸収しやすいということで、直接の影響が多いということです。もしワンちゃんが行きたがるようでしたらからと、散歩に行ってはとても危険です。家の中で育ってきたワンちゃんは、暑さに弱くなりがちです。経験がないワンちゃん自身も、対応策がないため、飼い主さんが気をつけてあげてください。雨が降ったあと、曇りなどの日であっても、一度散歩に行く前に、アスファルトを確認してあげることが良いですね。

人との違い


人は体全体に汗腺があり、汗をかくことで温度調整をします。わんちゃんには汗腺は鼻や肉球のごく一部にしかありません。体全体を冷やすためにもパンティング(口を開け、下を出しハアハアする行為)しかできません。夏の暑さで、体内に異常溜まった熱をパンティングするだけでは追いつかなくなり、熱中症にかかってしまいます。またパンティングは、ワンちゃんにとっても体力を消耗することでもあり、ワンちゃんも疲れてしまいます。しかも犬種によりパンティングが苦手な子もいます。例えばパグ、フレンチブルドッグ、シーズーと、お鼻が低いワンちゃんはこのパンティングが苦手なので、熱を逃がす行動が上手ではありません。

暑さ以外での注意


涼しい時間帯のお散歩をお勧めしましたが、まだ暗い時間帯です。懐中電灯も持参するか、ワンコライトなどを使用してください。車や自転車への合図にもなります。まさか、こんな時間に場所で散歩してるとは思われないかもしれません。夏は、ワンちゃんにとって暑さだけではありません。それは蚊・ノミ・ダニです。人も注意するべきですが、ワンちゃんも同じく注意が必要です。前述にもあるように、トリミングをしてすっきりしたワンちゃんは、皮膚があらわになり守るものがないのです。

散歩を嫌がるワンちゃんには


まだ小さい、わんぱく盛りのワンちゃんなら、散歩も大好きで行きたがるかもしれませんが、なるべくは日中は避け、お家の中で遊んであげたりして発散させてあげてもいいですね。行きたがらないワンちゃんにも、無理に散歩をさせるのではなく、違う形での運動を考えてあげて下さい。例えばお庭でプールや、打ち水をしたあとにボールで遊びをしてあげるのも良いかもしれませんね。運動にはなりませんが、ストレス軽減にもなります。涼しい時間にちょっと気晴らし程度外に出すだけで十分です。人間も大変ですが、犬も夏場は生活しにくい季節です。うまく乗り切りましょう。 夏でも愛犬が大好きな散歩に連れて行ってあげたい!だれでもそう思うと思います。夏で外が暑くても、お家の中で過ごす工夫するだけでも、散歩に行けないストレスを軽減できます。

お散歩の日課は、飼い主さんにとっては義務と考えていると思います。ただ、そうでないケースもありますので、ワンちゃんにあった方法、工夫を取り入れて、暑い夏を乗り切りましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。