あなたの愛犬、お留守番はサークル派?ゲージ派?それともキャリー派?

愛犬の学び・しつけ

ワンちゃんのお留守番について、お話をしています。家庭の事情で、毎日お留守番するワンちゃん、誰か必ず家族と一緒に過ごすワンちゃん突然の留守番、と様々です。愛犬のことは大切だけれども、仕事やペット禁止の場所にいくときには留守番をしてもらわなければいけません。そのときに家の中を自由にさせてしまうと、家具や家電を壊されたり傷つけたりしてしまうかもしれません。だからといって狭いサークルやゲージを使うと可愛そうなのでは?と感じてしまいます。今回はお留守番の時に、愛犬の行動範囲を考えるお話をしていきたいと思います。

ワンちゃんが安心する留守番

愛犬お留守番で、飼い主さんが悩むことについて広々としたリビングに自由にさせてあげるのが良い、と思ってる飼い主さんがたくさんいました。しかしその自由なお留守番が悩みにもなりかねません、例えばお出かけから戻った際に、部屋が散らかっていた、おしっこがあちこちに、と悲惨な状況だったという飼い主さんも少なくありません。犬は本来、群れで生きる習性です、そして自分の行動範囲の縄張り意識もあります。いつもいる家の中が全てが自分の縄張りなのです。広いリビングで開放的にすごさせるのが正しいのか?サークルやゲージでお留守番をさせる方が良いのか?そこで状況と内容でどのようにお留守番をさせたあげるのが良いのか?まずはサークルとケージの特徴を見ていきましょう。

サークル

サークルは柵で行動できる範囲を決めて囲っていくもので、比較的自由に動くことが出来ます。床と天井がないので設置と撤去は比較的容易で、掃除も簡単です。ただし、ワンちゃんの大きさによってはサークルを簡単に飛び越えて逃げ出したりすることもあります。それに動きまわってどこかにぶつかったときにサークルが倒れてしまうこともあります。大型犬の場合には丈夫なつくりでなければいけません。人がいない状態でそういったリスクをどうしたら防げるのか考えなければいけません。

ゲージ

ケージの方は、天井もあり囲まれているので、乗り越えてしまうことはなく中の様子を確認できるようになっているものです。犬が動き回って室内を荒らすことを防ぐことが出来るものです。方向転換くらいはできますが、歩き回るというところまではできません。閉じ込められるということにストレスを感じてしまうと、出してほしいと暴れだすこともあります。おとなしい犬であれば数時間の使用はできるでしょうが、落ち着きのない犬の場合はゲージでの留守番は向いていません。

キャリー

 

 

恐がりなワンちゃんは、狭い空間が落ち着く子もいてるで、このサイズのほうが良い場合もあります。ただ、とても小さく寝床とトイレを一緒にしてあげれない為、長時間のお留守番には不向きとなります。本来は車での移動時に使用されたりしますが、災害時で、避難場所出役立つものです。日頃からワンちゃんがキャリーに慣れるように、1つは常備することをお勧めします。

性格や、行動で選ぶ

さて、どちらがよいのかというと、室内が荒らされない、犬の安全を守るということではゲージのほうが安心です。一方で犬のストレスということを考えると、範囲は決まっていますが、歩きまわることが出来るサークルのほうが比較的ストレスなく過ごすことが出来ます。 どちらが良いのかということは、体格や性格、出かける時間等を総合的に考えて判断したほうが良いです。最初は、ワンちゃんも戸惑いもありますが、子犬の時期からなら、慣れることも考えられます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。