愛犬の留守番中、トイレの位置はどうする?

愛犬の学び・しつけ

皆さん、ワンちゃんのおトイレはお家のどこに置いてますか?おうちの間取りだったり、家具の配置などで様々だと思いますが、はたして留守番の時は,現在の位置でいいのでしょうか?今回はトイレの位置を取り上げてみました。

犬の性格


犬は猫とは対照的な動物です。猫は良いも悪いも個人主義的であり、飼い主に対してシビアな対応をすることも多いですが良く言えば独立心があり、留守中でも比較的安心出来ます。犬は猫とは対照的な動物です。猫は良いも悪いも個人主義的であり、飼い主に対してシビアな対応をすることも多いですが良く言えば独立心があり、留守中でも比較的安心出来ます。
対して犬は飼い主の事が大好きです。大人になっても、甘えん坊である事が多く、ほんの少し離れるだけでも不安な気持ちになります。

不安からくる行動


犬の立場からするとグループのボスが突然自分を置いて出かけたように見え、寂しい気持ちを解消するため、部屋の物を乱暴に扱ったり、トイレ以外の場所で粗相をしたりします。躾や留守番の回数を重ねる事である程度は防止可能です。ただペットの性格や育ってきた環境に依存する要素もあり、出来れば飼い主が長時間外出する際は寂しい気持ちを紛らわせる仕組みを実践したいところです。普段はしっかりとトイレを無事に済ませる成犬なのに留守中の時は限って粗相をする、そんな場合はまず不安感の解消に努めなければいけません。犬は自分の領域を守る本能があり、特にグループのリーダーである飼い主が離れ自分ひとりになったときは、その本能がより一層強く働きます。あえて狭い部屋に入れておく、ゲージに入れておく等、留守中に限っては意識してペットが過ごす空間を狭くすれば、なわばりを意識する本能が必要以上に働く事が減り、ストレスが軽減します。

トイレの位置


トイレも部屋の目立つところに設置しておけば、粗相をするリスクが大幅に軽減しますし、不安感を与えないために楽しい遊べる玩具を色々と用意するのも効果的です。トイレの位置はとにかく目立つ場所にするのがオススメであり、もし可能であれば自宅の複数の場所に設置するのも良いでしょう。そうすればペットが室内をあちらこちら、うろうろと歩き回っている時、突然便意や尿意を感じても、近くのトイレで済ませられます。
普段から愛犬が過ごしている部屋に置くのも効果的な対策です。ただ月並みですが、人以上に犬は留守番が苦手であり、ひとりで密室に一時間を超える状態にするのは極力避けたほうが無難です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。