愛犬に最適な温度は?お留守番のエアコン活用術

愛犬の学び・しつけ

愛犬のお留守番で、部屋の温度が気になる飼い主さんが多いです。とくに夏場は、締め切ったお部屋で35℃~40℃と言われています。また、陽が入るお部屋では50℃近くになることもあります。そんな中、ワンちゃんをお留守番させると、どんなことになるか、想像つきますよね。今回は、お留守番をするワンちゃんの快適な温度と、エアコンの活用術のお話をさせていただきます。

ワンちゃんが感じる暑さ

犬は人間よりも、暑さに弱い生き物だと言っても、過言ではありません。
実際に気温22度で、湿度60パーセントになれば、熱中症になりやすいと言われています。その原因は、体温調節ができる汗腺が足の裏にしかない事と、全身が毛皮に覆われている事です。要するに身体の構造上、人間とは違って、暑さを耐える事ができないと言えます。もちろん、30度を超えても平気な犬もいます。子犬や老犬を始め、短頭種や北方出身の犬などは、気温や湿度に気を付けなければ、命を落としやすいです。いずれにしても、高温多湿な気候が特徴的な日本では愛犬との生活においてエアコンは必要不可欠と言えます。特に夏場に留守番させる際には欠かせないです。

人間の室内温度

人間の場合は、エアコンによる室温は25度から26度が最適です。
しかし、ここで注意しなければならない事は、25度から26度に温度を設定したからと言って、留守番を任せて良いというわけではありません。当たり前な話ですが、犬と人間は違う生き物です。人間では「暑い」と耐えられる温度は、犬にとってもっと暑く感じていると考えられています。だからといって気温を下げれば良いという話でもありません。逆に温度を低くすれば低温のせいで体調を崩してしまう確率が高いです。

ワンちゃんの室内温度

健康を損なわないために、留守番の際のエアコンは28度にしておく事が推奨されます。
同時に除湿機能を用いて、湿度は60パーセント以下になるように気を付ける事が大切です。さらに暑さを感じたら、過ごしやすい場所に、凍ったペットボトルをタオルに包み置いておくなども、最低限の留守番の対策と言えます。同時に除湿機能を用いて、湿度は60パーセント以下になるように気を付ける事が大切です。

節約できるエアコンの使い方

留守番中の愛犬の体調管理のためにエアコンつけていたのに、愛犬にエアコンの風が直接あたって、体が冷えすぎてしまって体調を壊してしまった、なんてことにもなりかねません。お部屋のスペースや、愛犬が過ごす位置により、どうしても直接エアコンの風が当たってしまうなど問題がある場合は、エアコンの温度を上げた状態で、凍ったペットボトルをタオルに包み、たくさん飲み水を置いてあげるなど、ワンちゃん自身が温度調節出来きるようにしてあげてみてはどうでしょうか。凍ったペットボトルは保冷剤の役割になるわけですが、実際の保冷剤をそのまま使用して、かじってしまって口に入ってしまわないように、水を凍らせたペットボトルを使用するをお勧めします。このようにひと工夫することで、ワンちゃんにもやさしい温度になります。エアコンの温度を冷やしすぎず、電気の節約にも繋がります。エアコンは1℃上げることにより電気料金も10%安くなると言われています。もう一つは電源を入れてお部屋が冷えるまで最も電力が掛かります。寒くなったから電源を切り、又入れるというより、電源は付けたままで温度調節をするのが節約と言えますね。ちなみに夏の夜間でも留守番させる際は、室温の調整が必要といえるでしょう。

ワンちゃんのお留守番、快適に過ごせるエアコン活用術でした。体調を崩さずに健康に、夏を乗り切りましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。