愛犬の留守番はどれぐらいが限度?長時間できるコツ

愛犬の学び・しつけ

あなたの愛犬は、どれぐらいお留守番できますか?上手にお留守番できますか?

一般的にいう上手なお留守番というのは、人間にとって満足なお留守番になります。飼い主からしたら、部屋の中を荒らすことなく粗相もしないで誤飲などの危険から愛犬を守ることができたら満足です。でも犬からしたらそれは苦しいことかもしれません。よく飼い主が帰宅してサークルから出した途端に家の中を走り回ってすごく大変という話もあります。それは狭いサークルから出してもらえてやっと開放的な気持ちになり、走り回って喜びを表現するというのは当たり前の行動です。
そんな愛犬の素直な喜びに、家族もほっこりするのです。だからといって愛犬にお留守番ばかりも可愛そうという意見もある中で、実際にワンちゃんはどんだけの時間をお留守番出来るのでしょうか?

お留守番はどれだけの時間まで

犬が留守番ができる限界に明確な回答はありません。それは5時間から6時間で限界という犬もいれば、12時間一人でいても平気という子もいるからです。ただ食事とか排泄のことを考えたら、どんなに長かったとしてもお留守番は12時間くらいが限界だと理解をしておくことが大事です。また体調が急変しやすい子とか病気の子にはできるだけ長時間の留守番はさせないようにするのが安心です。

長時間のお留守番の場合

どうしても長時間犬を留守番させないといけない場合はゲージを利用するのがおすすめです。犬はもともと狭くて暗い巣穴で身を寄せ合い生活をしていたので、広い部屋でポツンといるよりも狭い場所にいる方が安心すると言われています。留守番をしている間も安心して過ごすことができるように、できるだけその子にあった大きさのゲージを準備するといいです。留守番中にものを壊したりあちこちにおしっこをしてしまう場合はサークルで過ごすようにさせることです。普段からおしっこはここにする、といったようにしつけをしておくと困ることもありません。サークルの中にゲージとかトイレが入る広さのものを選ぶといいです。サークルがあればキッチンとかお風呂にいってしまう危険もないので安心して長時間留守番をさせることが可能です。

長時間になる場合の注意点とコツ

長時間といっても12時間を超える場合にはペットホテルに預けるなどすることが大切です。サークルとかゲージを用意して、犬が喜ぶおもちゃをおいていくことが長時間の留守番を成功させるコツになる場合も少なくありません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。