愛犬の留守番はケージに入れる?いれない?

愛犬の学び・しつけ

日頃より飼い主さんは、常に愛犬の安全やストレスの軽減を考えられてると思います。特に、留守番の際は傍にいないからこそ、どうすれば良いかとお悩みではありませんか?
事故のないように、安全に過ごせることを前提にお考えだと思います。それでも、ワンちゃんの事故で最も多いのは家の中の事故が多いと言われています。家にいてるから安心とは言い切れません。お留守番の際、真っ先に考えるのがゲージに入れるか、入れないか?ですね。今回は、そのゲージについて考えて行きたいと思います。

ゲージの必要性

愛犬の留守番させる際には念入りな準備が必要ですが、その一環としてケージの用意は推奨されています。
その理由は単純で、ケージに入れておいた方が飼い主にとっても愛犬にとっても安全だからです。飼い主によってはケージに入れないまま室内で自由にさせておくケースは多く、実際のところ珍しくありません。しかし自由にさせておくと家具や家電を使って悪戯をしたり部屋に置いてあるインテリアを食べ物だと勘違いして飲み込んだり等、トラブルを招く可能性があります。あるいは電線コードを噛んで感電したり火事を引き起こしたり等重大な事態を引き起こしてしまう可能性も高いです。
そういったトラブルを回避するためにもケージに入れておく事は賢明と言えます。
ところでいざケージを用意してみると今度は別の問題が発生しがちです。問題と言っても深刻なものではなく単に「屋外か室内か、どちらが良いのか」という選択肢と言っても過言ではありません。そんな屋外か室内か、どちらにケージを置いておくかという問題はそれぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで判断するのみです。

室外の場合

屋外の場合は室内で発生するトラブルが一切なくなるものの、空気の管理が出来ないので愛犬の健康に影響を及ぼす可能性があります。また家の前に人が通る度に警戒して吠えてしまい、結果的に吠える癖がついてしまうリスクがあるので要注意です。これは犬が縄張りを気にする特性がある以上仕方がありませんが、吠える癖がついてしまうと性格も変わってしまう恐れがあります。それに外にケージを置く場合は犬が逃げないようにしっかりと設置しておく必要もあります。

室内の場合

室内で留守番させる場合は犬の健康面や性格面に悪影響が及ぶ心配はありません。
逆に先述した室内のトラブルが心配されるものの、水やトイレなどケージ内でも、必要最低限の暮らしができるように環境を整えて入れておけば問題はないです。つまり愛犬の留守番は室内が一番となります。

最後に

各ご家庭のお部屋のレイアウトや、愛犬の性格なども影響してくるでしょう。しかし留守番の際の安全を守るのが1番の目的ですので、それを踏まえた上でお選びいただくことをお勧めします。
もし、急なご予定が入った時にでも、落ち着いて慌てないように、愛犬のお留守番の際には、十分な環境を整えてあげてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。