必ず身につくトイレトレーニング方法

愛犬の学び・しつけ

ワンちゃんと暮らし始めたら、まず始めなければならない問題としてしつけです。ワンちゃんのしつけというのは、それなりに大変です。ですが、飼い主としてきちんとしつけておかないと後々トラブルとなるため、きちんとしたしつけをすることが大切です。その中でも1番先に始める事としてトイレのしつけです。これはとても重要なので今回は、必ず身につくトレイトレーニングをご紹介します。

トイレの位置と設置の仕方

子犬に係わらず、成犬で迎えたワンちゃんにとっても、新しいお家の中でどこでおしっこやウンチをしたらいいか?飼い主さんが教えてあげないと学びません。トイレに関してはしっかりと覚えさせるということが重要です。室内などで犬を飼うという場合には、トイレの場所を覚えさせないと大変なことになります。そのような状況を防ぐ意味でも、きちんとトイレトレーニングを行いましょう。
まず、ケージ内にトイレを設置しておくというのがポイントです。犬が覚えやすい点からも最初はわかりやすい形としてケージ内に設置するといいでしょう。ただし、寝床と混同してしまうことを避けるためにもトイレとは仕切りなどをうまく利用して区別させるということも重要です。

トレーニングのコツと注意点

トイレトレーニングで重要なことは、排泄のタイミングになったらトイレに行くということを覚えさせるという点です。そのため、犬が排泄しそうという状況になったらトイレに誘導してあげましょう。また、トイレシートなども最初の段階では少し多めに利用してその範囲内で排泄させるということも大切です。慣れさせるという意味でも分かりやすい状態をつくるということがポイントです。慣れてくれば、シートの数を減らしてみるのも大切です。基本的にトレーニングをする際には、犬をほめるということが大切です。叱ってばかりいるよりも褒めて覚えさせるよう心がけましょう。また、トイレシートと間違いそうなものなどがある場合には、犬が勘違いを起こしてしまう可能性があるため、紛らわしいと思われるものがある場合には室内から撤去するということも重要です。きちんとトイレシートを認識してもらうためにも、混乱を招きそうなものは撤去するというのもポイントです。失敗を極力させないためにサポートをするということも重要だといえます。犬が排泄をしたいといった場合に、スムーズに誘導ができるように室内なども片付けておくようにすることも大切です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。