注意!!愛犬夏の過ごし方

あそび

人間が夏に熱中症を発症したり夏バテをするのと同様に犬もお腹を壊したり食欲不振に見舞われる事があり、中でも散歩時やお留守番をしてもらう時には飼い主が変調に気づくのが遅れやすいので注意が必要です。
今日は夏の過ごし方の注意点をさまざまなシーンでまとめてみました。

お留守番のワンちゃん


犬も人間のように屋外はもちろん屋内で過ごしている時にも熱中症を発症します、特に犬は人間とは異なり発汗によって体温の調節をする事ができないため、短時間で大きく気温が変化した際に耐えられません。
室内で飼っている場合は体温が上昇してきた際に、自ら室内の中でも過ごしやすい場所に移動し体温調節に努めますが、サークルの中に入れたままであったり扉が締め切られていて移動範囲が限定的であると、体温調節が困難になり熱中症になりやすいです。

旅行に出かけたときの注意

夏の思い出を作るために愛犬と共に旅行に出かけるというのも夏を象徴する夏の過ごし方ですが、自動車で旅行を楽しんでいる時に車内に犬のみをお留守番させる事も避けましょう。
大きなフロントガラスをはじめ全方向に窓があり、直射日光が車内に降り注ぐ自動車はたとえ5分間という短時間であっても命の危険に繋がるほど高温になります。
そして旅行先を愛犬と共に練り歩く時はもとより、日常生活の中での日課である散歩時にも注意する必要があり、馴染み深い道であってもアスファルトに近い距離を歩いている犬にとっては飼い主よりもアスファルトの熱を感じやすいので、飼い主は涼しく感じていたとしてもこまめに水分を与えましょう。

夏のトリミング

気温と湿度が高くなる夏を快適に過ごしてもらうために、夏が訪れるとサマーカットと施す事が夏の過ごし方の定番になっている方も多いですが、見た目は涼し気でも実は・・・
プードルは毛が巻き付くのでカットを常にする犬種でもありますが、他の犬種でもサマーカットをした方が涼しく過ごしてもらえそうな印象に感じられます、しかし毛が短くカットされる事により注意が必要になることもあります。

例えば、

1、紫外線が直接肌に当たりやすくなるので、体温の調整ができなくなる。

2、蚊にかまれやすくなる。

3、夏に成長が著しくなる草で傷が付きやすくなる。

見た目は涼し気ですが、ワンちゃんの体毛にもちゃんと役割があるんですね~トリミングの際はバリカンで根本からカットしないように注意が必要です。

いろんなシーンで注意点を挙げてみました、かわいいワンちゃんのためにと思ったことでも裏目にでることもあります。本末転倒にならないために夏の思い出作りの第一歩、家族の安全から考えてみましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。